塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

「ゆるく楽しくシンプルに暮らしたい」雑記ブログです。

最近わたし、たるんでる…災害への備え【防災対策】

こんにちは! 塩くま(@vshiokuma)です。

 

大阪のほうでおきた大きな地震、被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

よく拝見しているブロガーさんのおうちが地震で大変なことになってしまったとツイッターで知ったり、実は義兄の実家が大阪府高槻市だったらしいとつい最近知ったり(幸い、ご家族はみなさん無事でした)…

わたしは遠く離れた関東地方に住んでいますが、他人事ではない気持ちです。。

 

これまでも年2回程度(3月と9月ごろ)を目安に家の中の備蓄を見直したり 防災について考えるようにしてきましたが、ここのところのわたし だいぶたるんでるなぁ と感じます(´・ω・`)

 


 

外出先で被災した場合に備える『0次の備え』

0次の備え、として 小さなポーチにちょっとだけ防災セットを入れています。…いや、入れていました。

 

会社員していた時には自宅から会社までの距離がそれなりにあった(電車で1時間程度)ため、もしもの時に歩いて自宅まで帰ることを考えると多少の装備が必要だと考え 小さなポーチにまとめて仕事鞄に入れていました。

 

  だいぶ中身を見直していない 防災ポーチ の中身。。

 

ポーチに入れているのは

  • コンパクトなブランケット
  • 携帯トイレ
  • マスク
  • 絆創膏(すぐ靴ずれできるから)
  • 携帯ラジオ+イヤホン(情報収集&スマホの電池節約)
  • 小さなライト
  • ホイッスル

 

これにプラスして、いつもだいたい鞄に入っているのが

  • ハンカチ+ポケットティッシュ
  • 水筒(水かお茶)
  • カロリーメイトブロック(非常時食料兼 ごはん食べ損ねた時用)
  • 身分証、現金(小銭)少し
  • (時々)モバイルバッテリー

 

という感じでした。

 

浅草周辺勤務でしたが、東京の東側って古い建物が多くて火事のリスクが高い&橋が多くて橋が地震で落ちると目的地にたどり着けないリスクが高いので できるだけ早く正しい情報を仕入れるためにラジオなどの情報源は必須だそうです。

もちろん、スマホのアプリとかでもいいんだけど… たぶん不安な時って、ずっとラジオ聴いてたいと思うんですよ。なので貴重なスマホのバッテリー温存のために、ラジオはスマホとは別で持つことにしました。

 

正直、「荷物できるだけ減らしたいし、邪魔だなぁ…」と思ったりもするのですが、使わずすむことを願ったお守り 的な気持ちで持ち歩いています(いました)。

ポーチの重さはだいたい、250gくらいでしょうか。

 

…最近は仕事を辞めてほぼ家か家周辺にいるので、荷物の軽さを優先して持ち歩かなくなっています(´Д` )

ちょっと離れた場所へ電車などで移動する時にも持っていくのを忘れるという。

ポーチの中身についても再検討して、お出かけの時(離れた場所へ行く時)には持ち歩くようにしたいです。

 

 

家に備える『ローリングストック』

  ストックがなくなりかけているのに買い足しできていない食材たち。。

 

以前からちょこちょこ話に出していますが、食材・日用品などで自分にとって必要だと思われるものについては ローリングストック(日々のストックを多めに買って無くなる前に買い足す) を心がけています。

 

我が家の場合、具体的には ↓こういうものです。

  • サトウのごはん的なパックご飯(お弁当めんどくさい時やご飯炊き忘れた時の保険にも)
  • ご飯に乗っけるだけで美味しいレトルト
  • 3分で茹で上がるパスタ
  • レトルトパスタソース
  • カットトマトパック
  • 炭酸水
  • おさかなソーセージ
  • エビオス錠
  • 魚の缶詰(ツナ缶・鯖缶)

 

  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 生理用ナプキン(普段布ナプキン派だけど、お出かけ時には使用)
  • リステリン
  • フロス
  • おしりふき(ウェットティッシュの代わり)
  • ラップ
  • ポリ袋各種(生ゴミ入れにしている小さいのと、ゴミ箱用の大きいの、それと使用済みナプキンを捨てるのに使っているニオイが漏れにくいの)
  • 使い捨てマスク

 

 

心がけては、いる、のですが…

 

今現在、おしりふきはきらしているし、食材ストックは減っているし、もしも今この時に物流がストップしたらやばい という状態です。

ほんと最近たるんでる…(´・ω・`)

 

わたしが経験したことがあるのは 東北が震源の東日本大震災 のみ(当時茨城暮らしで震度5強程度、ちょっと物流が遅れたり水道や電気が止まった程度の被害)… 本当に大きな地震やその他自然災害が起きた時にどうなってしまうのかきちんと想像ができていないところもあると思いますが、あの時の怖さを思い出して きちんと日々備えていきたいと思います。

残念ながら日本に住んでいる限り、いつどこで大きな災害にあってもおかしくないですから。。

 

 

備えも大切、だけど一番大切なのはきっと『もしもの時どう動くか のシュミレーション』

シュミレーション。正しくはシミュレーションらしいのですが とりあえず置いといて(;^ω^)

 

日頃からモノを備えておくのはもちろん大切…だけど、それ以上に大切なことは、

  • 家具の固定(家自体を凶器にしない)
  • もしもの時どう動くか具体的に考える・家族と話し合って共有する

ことだと思います。

 

モノの備えって結局、災害から生き残ってないと意味ないんですよね。災害後の生活が不自由しないように備えるものだから。

だから、家財が飛んできたり壊れたり、家自体を凶器にしないために家具はきちんと固定する事。

もしもの時、どんなことが起きると予想されるか、その時どう動くかを前もって考えておくこと。家族とも話し合って共有しておくこと。

そうして、災害時生き残ること・大きなケガをしないようにすることがまずは一番大切なんだと思います。

 

と、いうのはわかっているのですが、わたしも全然できてません(´;ω;`)

面倒でなかなか気が進まないことの一つですが、大切なことなので ちゃんとしないとな、と思います。。

 

 


★この記事を気に入ってくださった方は、ブックマークツイートをしていただけると嬉しいです!ブログを更新する励みになっています。いつも読んで下さりありがとうございます。

読者さん・フォロワーさんを大募集中です!もしも気に行って頂ければ、ぜひよろしくお願いします!

☆読者登録→ 

☆ツイッター→ 塩くま(@vshiokuma

スポンサーリンク